ラブドール販売

適正な価格を誇るリアルドールショップRABUDOLLです!商品はすべて正規代理店として販売しておりますので安心してお買い求めください。

これはもちろんあなたのセックス人形です!

2019-09-16

それからあなたのリアルラブドールから分離し、より適切な何かを取得する時間です。廃棄するときは、次の見出しを避けてください。

「毛布とテープに包まれて:消防士は魚が川にいると言います。

(ノルトラインヴェストファーレン州)の恐ろしい行動:身元不明の人々は、毛布とテープに包まれたプラスチックのラブドールを海に投げ入れています。目撃者は、ダッチワイフが一見drれた水のように見えたので、警察に警告しました。

運河に砂丘はありますか?土曜日の午後1時30分頃、マール(NRW)の運河沿いにいた歩行者は、ほとんど目を信頼していませんでした。運河では、無生物が漂っているようです。目撃者はすぐに警察と消防署に通知した。

その形状とサイズは人間に対応しています

救急隊は実際に、指示された位置で毛布とテープに包まれた被験者を発見しました。これは人体に非常に似ていました。 「形と大きさの点では、人間に対応します。」ミッションオフィサーは「イメージ」を確認しました。 「最終的に、約20のタスクフォースが作戦に参加しました」とマーラー消防士は言いました。プロジェクトは消防署によって運河から取り出され、その後、刑事警察によって検査されました。

結果は不気味です。実際、赤痢ではなく、約150 cmのプラスチックラブドールです。身元不明の人々はそれらを毛布とテープで包み、運河に置きます。警察によると、この手順の理由の1つは不明です。

「Pictorial」レポートによると、それは黒い下着を着たセックス人形であるべきです。消防士
「1993年以来、消防署で働いています。そのようなことを経験したことはありません。」

「川の性的なリアルドール:アッパーパラティナーテでの同様の出来事

しかし、同様の事件がアッパーパラティナーテで発生しました。それは昔ではありませんでした。 2018年11月、遺体はドナウ川のデミング(レーゲンスブルク)近くで運転されたと言われています-これもセックス人形です。

目撃者の警告:ダッチワイフは好奇心の強い救助活動を引き起こします

目撃者がドナウ川で遺体の疑いを発見した後、数名の防水職員がレーゲンスブルク地域を去りました。しかし、彼らはミッションを途中で止めることができます。

「人間の水不足」のニュースで、水難救助はおそらく何か他のものを考えた:約15回の水難救助、火曜日の朝に警察はオーバープファルツに移動し、まるでdr死者がレーゲンスブルクに移動したかのようにエリア。結果はまったく異なるものであることが判明しました。

たとえ救助隊が近くにいても、消防隊は救助者がただ水に浮かぶセックス人形であると明確に述べることができます。

しかし、ドナウで誰が等身大のおもちゃを扱ったのか、プラスチック製の女性が姿を消したのかはまだ不明です。

ドラマから離れた友人にとっても、この「ダンピング」は非常に奇妙で、他の人を怖がらせ、本当に重要なことから消防士や警察を遠ざけます。次のアイデアも拒否する必要があります。

「ケルン-今週の最もホットな物語の背景の多くはまだ不明です。これは誘ですか?盗難ですか?珍しい恋人の物語ですか?

この肥大化したセックス人形は、月曜日の朝に大きなゴミ(ボート、プール)の真ん中にあったことが判明しました。しかし、捨てられたラブドールは長い間孤独のままではありませんでした。同じ日、通行人が通り過ぎ、彼女を腕の下に隠してゴムを渡した。

目撃者は彼のスマートフォンでこの奇妙な事件を捉えました。男性は写真インタビューで次のように説明しました。「教会の方向に歩いたところ、道路脇に重いゴミが見つかりました。よく見ると、これは真実ではありません。 「本当にセックス人形があります。」

帰り道、リアルドールは奪われました。目撃者は、頭にスカーフをかぶり、腕の下にコーパスを被った暗いコートを着た男を見ました。

セックス人形のさらなる運命-明確ではありません。そして、その男性が彼女の質問を受け入れることができるかどうか。巨大な廃棄物に対処することは法的に明確ではないからです。法律では、粗大ごみは外国の財産ではないため、らぶどーるは誰でも無料で利用できると説明されています。別の説明によると、アイテムをごみ処理に捨てると、そのプロパティは大きなゴミに移動します。

近くの川や次のコーナーでセックスドールを捨てないでください。彼女はもっとふさわしい!私たちと一緒に、あなたは無料でそれを取り除くことができ、私たちはそれを適切に処理します。