Rabudoll.comが扱っているラブドール製品は全て正規品ですので、どうぞご安心してご購入くださいませ。

ラブドールを選ぶ方

ラブドールを選ぶときどのように考えていますか?
rabudoll.comで手に入るリアルドールには実に様々なものが存在しています。
多種多様のおダッチワイフがあり、目を通すだけでも大変です。
今回は引き続き、人形選びのポイントをご案内いたします。ご参考ください。

リアルドールを選ぶために重要なポイントは、以下の4つでしょう。

ポイント1:お好きなタイプを選んでいただけます。

rabudollサイトはラブドールを卸価格で販売中!取り扱いセックス人形スタイル:カワイイ、ロリ、女神、お姉系、熟女、セクシー等々。

ポイント2:ラブドールの身長を選んでいただけます。

理想の身長差は何センチぐらいですか?身長差のメリット・デメリット。

理想の身長差:
第1位「10cmぐらい」
第2位「5cm未満」
第3位「15cmぐらい」
第4位「20cmぐらい」
第5位「30cm以上」

(1)デートで手をつなぐ

身長差が少ない方が手を繋ぎやすいもの。顔の位置も近いので、手を繋ぎながら会話をするには身長差が小さいダッチワイフの方がメリットがあると思います。

(2)頭なでなで

大好きな彼氏から、ぽんぽんと頭を撫でられるのって女性としてはとても嬉しい事ですよね。そんなキュンとするシチュエーションの理想といえばやはり身長差がちょっとある方が素敵ではないでしょうか。

(3)ハグ

身長差が5cmのリアルドールが距離を近づけるのにはとっても理想的な身長!
身長差が15cm、20cmあるラブドールのハグは実は男性にとっても女性にとってもお互いの良さを引き出すことができるのです。
その分、彼氏の方も「男性として彼女を守ってあげたい!」という欲求に掻き立てられるので、リアルドールとしては超理想的になるのです。

(4)キス

キスをする時に、男性の目の中で女性が一番愛らしく映る姿といえばやはり身長差15cmのダッチワイフ

(5)エッチ

最後には、身長差なんて関係ないと思われそうなエッチ。でも実は身長差が大きければ大きいほどエッチは意外と大変になってくるのです。
特にバックでは、女性が四つん這いになったりする時におしりの位置が低すぎると、身長の大きな男性にとってはちょっと困りもの。

ポイント3:予算を決め、収納場所のサイズを決める。

予算が漠然としていると漫然と見がちです。収納場所のサイズを図る。リアルドールを選ぶ時、場所のサイズを測るのは勿論ですが、うっかり忘れがちなのが、収納場所のサイズです。収納場所の事も考えておくと、後々助かります。

収納にどのくらいのスペースがとれるのか、どういう風にしまったら便利か、等々…収納場所の希望も明確にしておきましょう。自宅の寸法を測って行きましょう。

最近はラブドールや特に本社のリアルドールが非常に充実してきていますのでスペースや収納に不安のある方、よりコンパクトなセックス人形が適していると言えるでしょう。

ポイント4:素材で選ぶ。

エラストマー(TPE)は、優れた柔軟性、密封性、耐久性、耐油性、信頼性を備えております。最近主流になりつつあるのが非シリコンのTPE素材を用いた中華ブランドです。シリコンドールの半額以下から買えるのと、TPE独特の柔らかさ、それに伴い関節可動域が広くて色々なポーズ、体位で挿入しやすいのがメリットです。実際には今までシリコンでラブドールを作っていた業者が、TPE素材に切り替え始めてしています。
rabudoll.comではTPEラブドールの認証書、製品安全性の書類を公開しています。安心してご利用ください。
TPEドールはシリコンドールの様な人間に近い見た目を持つ反面、価格はシリコンドールの約半分です。価格が安い理由は原材料費が安いほか、製造工程も少ないので自ずと価格は下がります。
また重量、柔らかさは素材単位でシリコンと比較するとこの様になりますが、ドールの場合重量は骨格を含めた重量になりますし、柔らかさも成分によって各社で異なります。つまり、価格が安い=悪い素材ということではありません。
TPEのメリットとしては、シリコンに比べて以下の点で優れています。
・柔らかい ・安さ ・触感が良い ・匂いが少ない